小物にはこだわるけど、全体的にはこだわらない

ブランドは人気の有無や、有名かどうかはあまり気にしていません。
お買い物に行っても、いろんなお店を見てまわって、古着屋を覗いたりネットショップも利用し、気に入ったものの中から自分の体型にあった服を選んでいます。

なのでいろんな系統の服を着ています。
トレンドは少し気にしますが、そこにこだわりすぎてもそのシーズンしか着られなくなってしまうので、パンツやトップスは着まわしのきく無難なものを選びがちです。
何なら、同じ形の服を色違いで何着か持っていたりします。
あまりインパクトのある服、たとえば派手な色、柄物、形の変わったものなども、人の記憶に残りやすい分、その服ばかり着ている印象がついてしまっても嫌なので。

ただし、靴や靴下、帽子、アクセサリーなんかにはかなりこだわって選んでいます。靴は決まったブランドのものを基本的には履いています。
靴下は派手な色味や変わった柄のものを集めていますし、帽子も色や形の異なったものを数種類持っています。
小物の使い方で印象を変えていくのがこだわりです。